仕事術
公開日:2016.03.04

放ったらかしでも欲しい情報が集まる情報収集術

最近のビジネスに必要不可欠なモノとして「人・モノ・金」に加え「情報」が挙げられます。しかし、インターネットの進化により、多様な情報と接する機会があり過ぎる世の中でもあります。積極的に有益な情報は取りに行きたいもの。しかし興味がある分野はあるんだけど、検索してまでは情報を探しに行く時間がにという方にオススメの情報収集法をいくつかご紹介します。

 

Feedlyで定期購読したいブログの最新記事を収集

Feedly

 

Feedlyとは自分で登録したブログなどのWEBサイトの更新情報をRSSで受け取り、表示してくれるサービスでブラウザー版やiOSやAndroid版もあります。簡単に言えば、よく読んでいるブログを登録しておくと、そのブログが更新された時だけFeedly上に表示されるサービスです。という事は、よく読むブログをわざわざ自分から検索したりして「更新されているかなぁ」と思いながら「あ。まだ更新されていない」みたいな時間の無駄を省く事が出来ます。

Feedlyの公式サイト

 

はてなブックマークで人気の記事を読む

はてぶ

はてなブックマークはWEB上で様々なサイトを保存(ブックマーク)し、その情報を共有し公開するサービスです。情報通の人が良記事をブックマークしているのをチェックするのも良し、逆にブックマーク数が多いという事は、それだけ読者が保存しておきたい記事だと思っている証拠です。周囲には気を取られずに自分が振り返ってまた読みたい!と言う記事だけをブックマークしている人も多いです。

はてなブックマークはこちら

 

Pressoで自分の興味があるジャンルだけの情報取集

Presso

社会ニュースや趣味・ビジネス・恋愛まで28ジャンルの中から気になるジャンルを選ぶと自動的に記事が上がってくるキュレーションサービスの1つです。特徴は上記のはてなブックマークを運営し、最近株式上場も果たした株式会社はてなが運営していますので、はてなブックマークをベースに話題になっている記事、ブックマークが多い記事が上がってきます。

Pressoはこちら

 

NewsPicksで有識者の解説付きで経済ニュースを読む

NewsPicks

NewsPicksは経済情報にだけ特化したニュースサービスで友人や有識者をフォローし、様々なニュースへの見解を読む情報サイトです。キュレーションサイトの1つに当たりますが、特徴的なのはNewsPicks独自の記事を多々確保していてここでしか読めない記事が多く、またコメント欄にて「ほぼ実名」で様々な議論が重ねられています。

NewsPicksはこちら

 

個人的には・・・

因みに僕は上記以外にも様々な方法で情報を取得し、精査しています。Twitterは現時点ではノイズが多すぎて止めましたが、Facebookなどは情報収集では多少の活躍程度で個人的にはコミュニケーションツールに近い使い方をしています。

また全ての情報において自分に最適な情報が欲しいとは思ってはいなくて、多少のノイズが3割前後あれば、インスピレーションも想像力も刺激されるし、幅も広がるかなと思っています。これは日常の生活でも人間関係でも読書でも同じですね。

 

情報の断捨離も必要

情報は多くて新鮮なものには確かに価値はありますが、我々はその得た情報で「何をするか?」が大事です。情報コレクターになって評論家を気取るぐらいなら情報収集は止めて、行動をしている方がよほどビジネス力は付きます。

僕自身も過去にはメルマガ購読は幾つもしていましたが、情報の断捨離のために3本までに絞りました。その甲斐があって、メールフォルダーも頭の中も凄くクリアです。それ以外の上記の様なサービスも隙間時間で見に行くぐらいで、最近は情報の断捨離をしています。

 

大事な事は、情報の取捨選択

情報音痴になってはこの社会において古い人になってしまいますし、ビジネスマンとして第1線では戦えません。しかし情報を拾い過ぎて、頭をノイズ(雑音)で忙しくしたり、変に知識を付けて評論家っぽくなるのも問題です。

大事なのはトレンドは抑えつつ、仕事に直結する可能性のある情報を自分の知識の引き出しに入れておく事。それには沢山の情報のシャワーを浴びて、自分自身で見分けられる術を身につけるしかありません。

皆さんは様々なツールを上手に活用しつつ、エックスラボオンラインのブログやメルマガは必読にしておいてくださいね!

 

 

Web集客の基本を覚えて自分で集客する方法
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す