豆知識
公開日:2016.02.18

YouTubeチャンネルページを整理できる「セクション」機能で分かりやすいページ作りを

動画の数が増えてくると、観てもらいたい動画がチャンネルページの中に
埋もれてしまってなかなか観てもらえなくなったりします。

そこでおすすめしたいのが、今日案内する「セクション」機能。この機能を使えば、お目当ての動画がどこにあるのか一目で分かるように分類することができます。動画制作者もこれまでに自分がどんな動画を作ったのか一目瞭然ですし、視聴者も観たい動画をすぐに見付ける事ができます。見た目もすっきりするので、視聴者のチャンネルに対する印象も良くなるでしょう。動画の数がある程度増えてきたら、必ず設定しておきたい機能です。

セクションとは

セクションは、チャンネルページ上で動画を分類してグループ毎に表示する機能。
「最近アップロードした動画」や「任意の再生リストに含まれる動画」など様々な種類のセクションを使い動画をグループに分けることで、来訪者がどこにどのような動画があるのかが一目で分かるようにページ内を整理整頓できます。セクションは、1チャンネルにつき10個まで作成可能です。

「セクション」機能の使用には事前設定が必要

「セクション」を使用するには、事前に、「チャンネルレイアウトのカスタマイズ」を有効にする必要があります。

1. チャンネルページで、チャンネルアートのすぐ下にあるチャンネル名にマウスポインタを置き右側に表示された鉛筆マークをクリックし、「チャンネルナビゲーションを編集」をクリックします。
チャンネルナビゲーションを編集

2.表示されたチャンネルナビゲーション画面の、「一覧/ 一覧ビューではコンテンツの表示をカスタマイズできます」の右側にある「有効にする」を選択し、画面下部の「保存」をクリック。
有効にするボタンをクリック

これでセクションを作成できるようになりました。

チャンネルページにセクションを作成する

1.チャンネルページのホームタブを開きます。
2.「セクションを追加」をクリックします。
「セクションを追加」ボタンをクリック

3.コンテンツを選択します。任意の動画をセクションに表示するには、あらかじめ作成しておいた再生リストを登録する方法をとります。ここでは、既に作成している再生リストの動画をセクションに表示するために「1つの再生リスト」を選択しています。
1つの再生リスト

4.「レイアウト」から横一列表示か縦表示を選択します。横一列を選ぶと、セクション内の動画が横並びに表示されます。
レイアウト選択

5.セクションに表示する再生リストを選びます。「再生リストを検索」をクリックすると表示される、登録済みの再生リスト一覧から選べます。
セクションに表示する再生リストを選択

6.選択した再生リストがプレビュー表示されます。問題なければ「完了」をクリック。チャンネルページにセクションが作成されます。
プレビュー確認

7.再生リストのセクションにマウスカーソルを合わせると表示される「すべて再生」ボタンを押すかそれぞれの動画を選ぶことで、視聴者は再生リストと単体動画のどちらでも視聴できるようになっています(①)。作成したセクションを修正する場合は、該当のセクション部分にマウスカーソルを合わせ、表示された鉛筆マークをクリックすると、セクションの設定が表示されます(②)。
作成したセクションの編集

今回案内した「1つの再生リスト」以外にも、複数の再生リストや、チャンネル内で人気が高い動画を表示するセクションなど様々な種類のセクションがあります。
目的に応じて使いこなして、チャンネルページの来訪者が見たい動画をすぐに発見できる見やすいページ作りをしていきましょう。

Web集客の基本を覚えて自分で集客する方法
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:2

※がついている欄は入力必須です

  1. 菅 俊行 様より
    2016年02月18日 14:18

    私の友人にも 情報をお知らせ下さい!
    水谷 庄治
    daijou-man.777@ezweb.ne.Jp

    よろしくお願いいたします🎵

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す