マーケティング
公開日:2016.06.17

集客における動画活用のメリット・デメリット

YouTubeやニコニコ動画、USTERMやネットTV等々、動画を見る機会も増えた近年。インターネットの接続スピードも速くなり、スマホやタブレットなどのデバイスの多様化、各携帯キャリアもパケット定額制の導入など、社会を取り巻くインフラもかなり整備され、動画コンテンツは飛躍的に増えました。

ここぞとばかりに各企業も動画の活用を検討を始め、広告の多様化もすでに始まっています。今回は動画を集客に活用するメリットとデメリットに関してまとめました。

集客に動画を活用するメリット

①圧倒的に伝える情報量が多い ・・・ 文字よりも、写真よりも、ユーザーに伝えられる情報量は動画の方が圧倒的に多いです。1分間の動画の伝えられる情報量は160万文字とも言われ、内容もイメージも同時に伝えられる動画は、ユーザーに商品やサービスのイメージを理解してもらうにはとても効率の良い選択肢です。

②記憶に残りやすく、忘れにくい ・・・ 情報量の多い現代。特にインターネットで情報を取得する事が増えました。しかしインターネット上の情報はまだまだ文字や写真が中心です。その中で動画を活用するとイメージし易く、記憶に残ります。記憶に残るという事は、同じ広告を打ったとしても、指名検索にも影響し易く、WEBマーケティング全般に好影響を与えます。

③CVしてきた顧客の制約率が高い ・・・ 商品説明などに動画を活用した場合、顧客は問合せの段階では、すでに商品やサービスの知識を得て、教育をされてあなたの会社に問合せをします。初めて商品の説明を受けるわけではありませんので、ある程度の角度で問合せをしてきますので、制約率の向上に貢献します。

④費用が掛からないケースも ・・・ スマホで撮影して、簡単に編集して、YouTubeにUPする程度なら、多少の労力程度で、費用はあまり掛かりません。既存のLPに動画を入れて、制約率のUPを狙う事も出来ますので、案外格安で導入出来るのも魅力の一つです。

 

集客に動画を活用するデメリット

①動画の作成に時間や費用が掛かる ・・・ メリット④と相反しますが、クオリティを求めた動画やイメージ動画を作成する場合は、それなりの費用がかかります。構成、撮影、モデル、画像素材、編集、ナレーションなどで秒数によりますが、数十万〜100万円単位で作成するケースも増えてきました。

②ユーザーの場所や状況を選ぶ ・・・ 文字ベースの広告などは、電車などの移動中でも閲覧したりリーチする事が出来ますが、動画の場合は音声の問題や時間の問題で、文字広告等よりも、ユーザーの状況が必要になります。きちんと内容を伝えるには、ユーザーに時間を確保させ、しっかりと見てもらう必要があります。

③細かい修正を入れにくい ・・・ 文字や写真の修正と違って、動いたり話したりする動画は修正に手間がかかります。それは費用や時間を取られ、細かい運用を行う場合には足かせになる事もあります。

 

それでも動画を活用した方が良い理由

このようにデメリットを鑑みても、動画は活用した方が良いでしょう。エステサロンでも整体でも、飲食店でも、コンサルタントでも、BtoBビジネスでも、ユーザーに伝えたい事やイメージして欲しい事は沢山あるはず。本格的な動画を作らずとも、簡単な動画でも、やらないよりはやった方がマシです。

YahooやGoogleのアルゴリズムでは、検索エンジンにも引っ掛かって来ますので、露出も増えます。動画広告はまだまだ参入者が少ないので、広告費はそれほど高騰していないケースもありますし、同業者よりも先に顧客の囲い込みや、動画マーケティングの経験値を積めるメリットも大きいです。

時代の流れはインターネットであり、動画なのは間違いありません。流れに沿った方がビジネス上のメリットを享受する事の一つは動画マーケティングでしょう。

弊社でも動画を活用したサービス(ASPサービスやコンテンツ)は開発・作成していますので、折を見て案内致しますね。

 

Web集客の基本を覚えて自分で集客する方法
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す