独りごと
公開日:2017.04.05

冒険とイマジネーション

 

皆さん、夢の国に行ったことありますか?夢の国!そう、ディズニーワールドです。その中で、ディズニーシーにもディズニーランドのように夜に行われるパレードがあります。「冒険とイマジネーション」というテーマで、水の上のショーです。音と光のパフォーマンスは最高で感動です。やはり夢の国ですね。しっかりと夢の世界に浸るのはもちろん、勇気とパワーをもらえます。

この「イマジネーション」って素敵な言葉ですね!普段あまり使うことはありませんが、「想像」という意味。

その「想像」にもいろいろな種類があります。

 

非現実的な世界の想像力

ディズニーワールドなどの夢の世界や演劇や物語などは想像の世界です。非現実的な世界を想像することで、その世界に入り込むことができて、喜びや幸せを味わえます。

また意図しない睡眠中の夢など非現実的な想像もあります。どこかで潜在意識が働いていると思いますが、続きを見ていたいというような楽しい夢やびっくりして飛び起きるくらいの怖い夢などがあり、コントロールできない部分もありますね。

 

実行可能な想像力

新しい発想とアイデアを考えるという想像力です。現実的に今日すべきことを考えたり、一度失敗したことを次に成功させるにはどうしたらいいかというようなことを想像力を働かせて考えるというようなことです。意図的に想像することは、人にとってとても大事なことです。すべては想像から始まっています。

例えば、縄文時代や弥生時代の原始時代に石を打って火をつけたり、摩擦や遠心力を使って火を起こすことを考えたのも、まずは想像力が始まりでしょうし、マッチやガスコンロなどとどんどん発展してきたのも、最初は想像力からですよね。イマジネーションというのは、自分たちが新しいものを作り出したり、解明するためには欠かせないものではないでしょうか。

また、経営などに関わる様々な問題の中で、仮説を考え、改善・発展させるときに使われる知的な想像力もあります。

 

ビジネスにおいて必要な想像力

経営者にとって、クリエイティブなスキルだけでなく、想像力も必要な力です。
経営者にとって必要なイマジネーションとはどんなものなのでしょうか?

現代では、何でも物が揃っていて、競合がないというビジネスはないのではないでしょうか。その中で、どのような物の見方をするかという想像力を働かせることが必要です。同じものを見ても「これは無理」と思うか「こうしたらユーザーに響くのではないか」と考えることで、新しい世界が広がります。
もちろん、新しいものを作り出すための見えないものを見るという想像力は欠かせません。ただこの想像力は不完全なものであり、この想像から現実どうするのかというのは、様々な調査や勉強、修正などの力が必要です。
それを現実的に可能にするために、どのような戦略をとるべきか、何がチャンスで、いつどのような行動を取るかという現実に照らし合わせて知恵を絞るという想像力が必要です。
これは、非現実の想像と現実的な想像を繰り返すという、両方の想像力が必要だと言えます。

もちろん、この想像力は経営者に限ったことではありません。仕事をする上で、この非現実的は想像力と現実的な想像力を繰り返して行うことが効率よくいい仕事をできる秘訣と言えます。

 

まとめ

そして、想像力というのは、ただ一人で考えているだけではいい案が浮かびません。机に向かって仕事をしているだけでは想像力はある程度のものでしょう。外に出ていろいろなものを見ることや人とコミュニケーションをとって、会話をしていくうちに想像力が発揮されるものです。

いろいろな世界を見て、ポジティブな人との会話を大事にすることで、成功に繋がるイマジネーションが生まれるでしょう。

 

また、実はWeb広告の世界も大事なのはイマジネーション!!!
イマジネーションで、ビジネスを変えたいのならこちらをチェックしてください。

↓↓↓

プロのマーケッターも推薦!『WEB集客勉強会』
執筆者:才田 真未 (https://woman.xlab-online.com)

前職はウエディングプランナー。現在は、2人の育児をしながらリスティング広告、Facebook広告などのweb広告運用やセミナーを開催。多角的視点から考える広告運用やマーケティング情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す