広告
公開日:2015.11.08

動画を埋め込んで強いアピール力を持つWEBページを作る

こんにちは!XLabの藤です。
前回のブログの、動画内にWEBサイトのリンクを貼ることができるカードはその後活用されているでしょうか? 今回は、前回とは逆にWEBサイトやブログ内にYouTube動画を埋め込む方法を案内します。

商品やサービスの紹介、説明などに動画を効果的に使うと、伝える内容の具体性が増し、WEBページを訪れる人にもっとリアルに伝えたい事を伝えられるというメリットがあります。

開始位置設定などのオプション設定も載せているので、このブログを読めば、あなたが運営するWEBサイトによりフィットする形で動画をアップロードできるようになるでしょう。それでは、動画の埋め込み方を見ていきましょう!

YouTubeの埋め込みコードを取得する

今回は、YouTubeの動画埋め込みコード出力機能を使って作業を進めていきます。
1.WEBサイトに載せたい動画のページを開きます。

2.動画下の「共有」をクリックし、表示された「埋め込みコード」タブを選択。
任意の動画のページ

3.「埋め込みコード」テキストボックスに表示されているコードをWEBサイトにコピーして動画を埋め込みます。このままでも使えるのですが、この画面内でカスタマイズができるので、コピーする前にもう少し見ていきましょう。埋め込みコードの下の「もっと見る」をクリックします。

4.動画のサイズを選択します。WEBサイトのページ構成から適切なものを選びましょう。
動画サイズの設定

5.下の画像のチェックボックスで設定できるのは、以下の4つです。
チェックボックス設定
・関連動画の表示
再生後に関連性の高い動画が表示・再生されます。こちらは、全く関係ない動画が表示されることも多いので、場合によってはチェックを外しても良いでしょう。
・プレイヤーコントロールの表示
表示すると視聴者は一時停止や音量、再生速度をコントロールできます。環境により音を出したくない人や一時停止をしたい人もいるので、表示する方が良いでしょう。
・動画タイトルとプレイヤーの表示
チェックを入れると動画タイトル、FBなどへの共有機能が表示されます。
・プライバシー強化モードの設定
チェックを入れるとこの動画では「cookie」を使用しない設定になります。

上記の設定内容に合わせて「埋め込みコード」の値が変化します。

6.設定が完了したら、埋め込みコードをコピーして、動画を載せたいWEBページの任意の場所にペースト! 今回はブログページにコードを記述します。
埋め込みコード

7.ブログページを更新すると、動画が埋め込まれていますね。
動画をWEBページに埋め込み
せっかくなので、もう少しカスタマイズしてみましょう!

動画の開始位置と終了位置を設定する

例えば再生時間の非常に長い動画の中の特定の部分を見てほしい場合、わざわざ動画を作り直すのは大変ですよね。そんな時は、パラメータの入力で簡単に設定してしまいましょう。
動画再生の開始・終了位置を設定

動画埋め込みタグ内の、動画IDのすぐ後ろに「?start=5&end=10」のように秒単位で値を入力します。関連動画を表示しない設定にしているなら、“rel=0”の後ろに“&start=5&end=10”。この場合は、10秒の時点から動画が始まり、15秒目で動画が終了します。また、開始位置だけ、終了位置だけの設定も可能です。

複数の動画を連続再生する

2つ以上の動画を連続再生する事も可能です。
複数の動画を連続再生
上記の、開始位置と終了位置のパラメータと同じ場所に連続再生の設定を入力します。動画ID(アルファベットと数字で構成の値)で動画を指定し、カンマで区切ると複数の動画を指定できます。

今回案内した設定以外にも、動画設定のパラメータは数多く存在します。動画を載せるページによりフィットするように設定をしていきたいですね。次回は、複数の動画をリスト化して整理できる「再生リスト」機能について案内します。お楽しみに!

Web集客の基本を覚えて自分で集客する方法
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す