マインド(考え方)
公開日:2018.01.17

文章力を高めて伝えたい相手にメッセージを届けるために

謝るのも告白も大事なことを伝えるのもLINEやメールで伝えることが多い時代になりました。
人に何かを伝える手段として、対面や電話よりLINEやメールが増えたことは、「書く」ことでうまく伝えなければならないということです。「書く」と言っても実際にペンで文字を書くことはすっかり少なくなりましたが、FacebookやTwitterなどで文章で一方的に発信することも多くなりました。第三者的にそれを読む立場となると、同じような文章を読んでも面白いと感じることと、自慢や真実味がないように感じることがあると思います。これこそ文章力によって判断されるので、質の高い文章力を求められる時代だと言えるでしょう。

そして、インターネットを利用して購入や申込をすることが多くなったということは、ネット上でどのようにメッセージを伝えるか、ということで購入するかどうかを判断しているということ。面と向かっての営業では、相手がどんな表情をしているか分かるので、その反応によって次にどんな切り返しをしたら良いか分かりやすいですが、ネット上ではそうはいきません。もちろん、メッセージの問題だけではありませんが、文章力で購入率が左右されるというのは間違いありません。

ネット上では、感情が伝わりにくいことや、伝えたいこととは違うように解釈されたりと誤解を生むことになりかねません。実際、うまく伝わっていると思って文章上でのやりとりが進んでしまい、蓋を開けたら全くお互い認識が違っていたということもあります。一方通行となるHPやブログなどでは、誤解されたら挽回のチャンスはありませんので、伝え方がとても重要です。

文章力はセンスも必要ですが、鍛えることで文章力をあげることは可能です。ではどのように、文章力を高めれば良いのでしょうか。

 

たくさん本を読む

文章力を高めるには語彙力が必要です。同じ一つのことを伝えるにもいろいろな言葉があります。「好き」「愛してる」「I Love you」どれも同じような意味ですが、伝わり方って違いますよね。その時、どのような言葉を使えば一番伝わるか、そもそもの知識がないと選びようにありません。多くの言葉に触れられるのが、本です。そして、いろいろな文章のスタイルを読むことで言葉の範囲を広げて、書く時に生かすことができます。普段から分からない言葉は調べるようにして、敢えてその言葉を使ってみましょう。自分が客観的に読んで伝わったスタイルなどをまずは真似をして書いてみるところから始めるといいかもしれません。

 

とにかく書く

野球でも素振りさえもしなければバットにボールを当てるのも難しいものです。テストでも事前に勉強せずに良い点数が取れるはずがありません。コツコツ積み重ねて行くことで、簡単にボールが当たるようになったり、ヒットやホームランが打てるようになります。頭だけで考えていたり知識だけ身につけても文章力は上がりません。とにかく書いてみる、何度も書いてみる、ということが大事です。そうすれば、1回目より2回目、2回目より3回目はスムーズに書けるようになるでしょう。また、直後に読み返すのはもちろんのこと、時間をおいて読み返してみましょう。自分で声を出して読んでみたり、読んでもらって聞いてみるなど客観的にみてみると良いと思います。

 

ペルソナをしっかりと決めて書く

あなたの読み手は誰でしょうか?誰にそのメッセージを届けたいでしょうか?文章を書くと言うことは読む相手がいるということです。押し付けがましい文章や一方通行の文章は読んでいて面白くありません。そして、それを読む相手によってどんな言葉、どんな表現をすれば心に響くのかを考えて書かなければあなたのメッセージは届きません。理想の顧客像である「ペルソナ」に有益になるような文章を書くことを心がけましょう。

 

上手に書こうと思わない

大事なことは、上手に書くことではなく相手にうまく伝わること。思いを伝えるのは、テクニックだけではいけません。ビジネスにおいて、言葉の印象はとても大事です。格好をつけて難しい言葉を使ってもわかりにくいだけで、印象はよくはならないでしょう。難しい言葉はできるだけ使わないように分かりやすい言葉を使うことを心がけましょう。相手に伝えたい「大きなテーマ」を考え、そこから小テーマを考えてからその小テーマに沿って最後に結論がくるように内容を書くとスムーズにかけるでしょう。

 

文章を書くということは、日常でもビジネスでも切り離せません。文章力を上げて、人にうまく伝えられる能力を高めていきたいですね。私も文章力を高めて、有益な情報をお届けしたいと思います。

 

 

LINE@で購読する
執筆者:才田 真未 (https://woman.xlab-online.com)

前職はウエディングプランナー。現在は、2人の育児をしながらリスティング広告、Facebook広告などのweb広告運用やセミナーを開催。多角的視点から考える広告運用やマーケティング情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す