仕事術
公開日:2016.06.01

マルチタスクをやめて、1つの仕事に集中する方法

バリバリ働くビジネスマンの多くはマルチタスクで仕事を同時並行しているケースが多いでしょう。確かに仕事が出来る人は複数の案件やプロジェクトを抱え、そのほとんどで成功させていたりもします。しかし、このようにビジネスを成功させている人の多くが、マルチタスクで仕事をやっているケースは少ないようです。

 

そもそもマルチタスクとは?

コンピュター用語では、1つのCPUで複数の処理を行う事を指し、逆に1つのCPUで1つの処理を行う事をシングルタスクと言います。性能の良いコンピュータを使用すれば、複数のソフトの立ち上げや作業も難なくこなせますが、人間の脳はそのようには出来ていません。

 

マルチタスクを好む人の多くは、精神的な満足感を得ているケースも多い

仕事が出来るというのは世界中で評価される大きな要因です。仕事が出来ると言う定義も、大きな利益を出す、沢山の人間のマネジメントが出来る、複数の仕事をこなせる、複雑な商品開発を行える、難しい研究結果を出した、などでしょうか。

電話を掛けながら、メールを返信して、複数のアポをこなし、ブログも書き、新規ビジネスを立ち上げて、マネジメントもこなし、利益を出し続けるビジネスマンがいたら、多くの人は「自分もそんな風に仕事をこなしたい!」と思うかも知れません。そして自他共にそう思う事で満足感を得ているケースも多いはず。

しかし、どんな仕事でも、どんな役職でも、1つの仕事に集中出来るケースは少なく、だからこそ大事な仕事には集中する時間を意図して持たなければいけません。

 

人間の脳はマルチタスクには不向きという事実

ロンドン大学精神医学学科の研究チームが「メールや電話で集中力を妨げられた時に、人のIQは低下し、数値で表すとマリファナを吸引したときの約2倍低下している」と研究報告がされています。その上で、マルチタスクは仕事の生産性に悪影響を与えているとの研究報告。

またマルチタスクの人は、シングルタスクで処理していく人と比較すると、判断が遅く、判断ミスも多いことが分かっています。マルチタスクが習慣化されると、脳の主要な部分の損傷を招き、記憶に関係する認知機能の低下に繋がりかねないようです。

 

でもマルチタスクでバリバリ仕事をこなす人っているよね?

こういう人は、確かに複数の案件やプロジェクトを抱えているかも知れませんが、時間単位で見ると1つの仕事に集中するシングルタスクで仕事を行い、そのシングルタスクを複数こなすことで生産性を最大限に高めているそう。

つまりは時間単位では「フォーカス」の力を最大限に活かしているという事。虫眼鏡で1点だけ集中すれば火が付くように、シングルタスクで集中する事が、実は出来るビジネスマンのヒントとなりそうです。

 

シングルタスクを行うために気をつけるべき3つの事

①ToDoリストの作成

・・・ まずはTodoリストを前日に作成します。僕はチャットワークのマイタスクで対応しています。タスク化されているものを、今日中に優先しないといけない仕事か、明日以降でも良いかの判断をします。本日やった方が良い仕事の中で特に重要な仕事は、なるべく午前中に済ませます。その時間が1番脳が活躍しやすいため。

②集中できる環境を作る事

・・・ 僕の場合は、個人オフィスで仕事をしたり、電話はおかずに、集中する作業中は携帯もサイレントにして下に向けていたり、集中力を邪魔するものは極力OFFにします。集中出来る環境は、人によっては家だったり、図書館だったり、会社のいつもの場所だったり、スターバックスだったりすると思います。自分が1番邪魔をされずに集中出来る環境作りも仕事の一つです。

③適度な休憩を取る

・・・ 人にはメンタルエナジーなるものが存在します。朝起きたら、そのメンタルエナジーはMAXですが、脳を使うたびに減り、そして休息を取り、寝ると回復するものと考えて下さい。夜の睡眠の様に深くガッツリとした時間は確保出来なくても、10分単位で仮眠を取ったり、気分転換をするだけでもメンタルエナジーは回復します。適度な休息で、脳を回復し、集中出来る状態に自己管理致しましょう。

我々経営者やビジネスマンは、経営、資金繰りやファイナンス、採用、人事、マネジメント、取引先やクライアントとの付き合い、営業、マーケティング、仕組み作り、家族、友人関係など、複数の業務や事柄をこなさなければいけません。

そして、経営者には、問題が次から次に降りかかって来ます。

それらの問題や業務をどう振り分けてどう対処するのかが、良い仕事を出来るかの境目になりそうです。複数の仕事を抱える我々ですが、仕事を行うときはシングルタスクを意識して、集中しましょう。

 

 

Web集客の基本を覚えて自分で集客する方法
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す