マインド(考え方)
公開日:2016.01.06

鬼十則という行動指針

今日の記事は短い。でもとても濃いはず。

と言うのも、仕事のスタンスを考えさせられるから。

僕は電通の鬼十則が大好きです。そして僕の行動指針そのものでもあります。

鬼十則とは、電通の行動指針の事。

【電通鬼十則】

①仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。

②仕事とは先手先手と働き掛けていく事で、受け身でやるものではない。

③大きな仕事と取組め!小さな仕事は己を小さくする。

④難しい仕事を狙え!そして成し遂げるところに進歩がある。

⑤取組んだら放すな!殺されても放すな!目的を完遂するまでは...

⑥周囲を引きずり回せ!引きずるのと、引きずられるのとでは、  永い間に天地の開きができる。

⑦計画を持て!長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、  そして正しい努力と希望が生まれる。

⑧自信を持て!自信が無いから君の仕事には、迫力も粘りも、  そして厚みすらがない。

⑨頭は常に全回転、八方に気を配って、一部の隙もあってはならぬ!  サービスとはそのようなものだ。

⑩摩擦を怖れるな!摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。  でないと君は卑屈未練になる。

これ・・・めちゃくちゃ響かないですか?

当時の僕は心臓のど真ん中を撃ち抜かれました。

今や電通の中でも廃れていると言うこの行動指針。廃れているのが本当であればとても残念です。でも否定する人がいるのは、メッセージ性が強い証拠。

広告マンでもある僕は、何度読んでも刺さっています。

昔も今も僕の行動指針は鬼十則です。

ダイレクトマーケティング専門インターネット広告代理店が発信する「無料メールマガジン」
LINE@で購読する
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す