独りごと
公開日:2017.01.30

仕事相手に信頼と尊敬をしていますか?(Trust&Respect)

 

スタッフも多少増えたので、12月に社員総会なるものを開いて数字の開示や会社の理念や価値観の共有を行いました。これは結構、重要な事だと思っていて人生の中で3分の1以上の時間を共にする仲間で価値観が違うというのは会社とスタッフの関係でも、スタッフ同士の関係でも苦痛以外の何物でもありません。

社内関係は友達関係ではないので、個人の趣味やこれからの人生計画、余暇の過ごし方、過去に歩んできた道のりや経験は別々で当たり前で、それぞれが個性を持っているはずです。しかし同じ組織に所属し、会社の理念を果たすべく長い時間を共にするので仕事に対しての価値観は共有し、合わなければ辞めた方が双方の為だと思っています。しかし仕事に対する価値観が合えば、一緒に仕事をしている中では双方に信頼と安心が生まれ、相乗効果が出るものでもあります。

そんな弊社の共通の価値観の一つで「Trust&Respect」というものがあります。これは仕事で関わるクライアントやスタッフ同士、会社との関係、社会、取引先企業の方々などに対して、信頼と尊敬の念を抱こうと言うものです。もちろん人間ですから、どれだけ良い理想を持とうとも合わない人もいます。生理的に無理な人もいるかも知れませんね。

でも仕事をする以上は自分に出来ない何かを持っているから、自分で出来る事だったとしてもチーム作りをする上ではその人に任せないと自分の手が空かないなど、様々な理由で仕事で絡み合ったりします。その仕事相手に対して信頼が無ければ、尊敬の念が無ければ相手にも伝わるんですよね。逆に考えると、仕事を依頼してきている相手があなたの事を信頼もしていなければ、仕事のモチベーションが上がりますか?って話し。

「いや、僕は信頼されていない相手からも信頼を得られるように頑張りますよ!」って言うのはとても素晴らしいマインドだけど、世の中の多くの人はそこまでモチベーションは高くなかったりもします。多くの人は鏡の法則と言われるように、好意を持たれている人には好意的な感情を、嫌な感情を持っている人には嫌な感情を持つものです。

弊社の仕事は特に人が絡み合うビジネスです。会社、スタッフ、クライアント、パートナー企業、グループ会社、メディアやベンダー企業、SOHOの方々などの協力を得て沢山のお仕事をさせて頂き、成長させて頂いています。

そんな相手を信頼し任せる、尊敬の念を抱きながら、仕事をするというのは、ビジネスを動かす上で大前提です。

もちろん僕も含めて人はミスをしますし「なんでやねん!」「アホか」なんてツッコむことは日常茶飯事です。怒ることもありますし、ぶつかる事も多々あります。しかしただ感情に任せて注意しているのか、信頼しているからこそ怒ったり指摘しているのかというのも相手には伝わっているものです。

表面的な言動はどうあれ、本質的に信頼しているのか、尊敬されているのかどうかってのは相手には伝わります。一時的には良しにせよ、中長期的には信頼や尊敬を出来ない相手とは仕事をしない方がお互いのためです。逆に信頼や尊敬出来る人とは一緒に仕事をした方が楽しいものですし、上手くいく確率は高くなります。

大事な事は短所ではなく、長所を見る事。だからこそTrust&Respectの念が生まれます。そしてTrsut&Respectの思いがあるからこそ、短所への指摘や注意も相手の耳に届くものです。

クライアントの成果を出すために、プロジェクトが上手くいくように一生懸命やってくれている、自分に出来ない事をしてくれている、自分の時間やコストを浮かすために仕事をしてくれているという感謝の気持ちや信頼と尊敬の気持ちがビジネスを動かす第一歩です。

「ええか、君。経営をしておっても、どの人も王者だという考え方を根底に持っていないとあかん。そこが大事やで。社員の誰に対しても、あぁ、この人は素晴らしい存在なんや、偉大な力を持った人なんやと考えんといかんね。」

「それをこれは大した人間ではないとか、昨日入ってきたばかりのなんも知らん社員やとか、あるいは力のないつまらん人やとか、そういう考えで社員と話をしたらダメやな。むしろ部下がえらく見えるという気分にならんとな。」

経営の神様と言われた松下幸之助

 

Trust&Respectを忘れずに今週も頑張っていきましょう!

 

 

効果実証済みの集客テクニックを公開中!

※購読解除はメルマガ内でいつでも1クリックで解約出来ますのでご安心ください。

LINE@で購読する
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す