マーケティング
公開日:2015.11.19

メールマガジンは死ぬのか?

最近は少し涼しくなってきて、秋の雰囲気が出てきましたね〜個人的には食欲の秋ではなく、スポーツの秋にしたいと思っています。体重が増える季節かも知れませんが、今の時代は他にも増えているものがあります。

私は広告代理店として、様々なメディアを使っていますが、一般の方よりもどのメディアが効果的なのか数多く試行錯誤を繰り返しています。PPC広告やDSP広告をはじめ様々なメディア、ツール、広告、媒体等に触れています。その中で顕著なのが「メルマガ広告」のCTR(クリック率)の低さ!

一般の媒体よりもかなり工夫しないと売れないし、効果も出ません。しかし、とある調査によると未だにROI(費用対効果)の高い媒体らしいです。

それはメルマガ読者との関係構築の深さやオファー等でも大きく変わります。

あなたのブログやメルマガを反応率の高い媒体に変える方法はまたお伝えますね。

因みに今回の安藤先生との講演会ですが、私のメルマガからのCVR(申し込み率)は現時点で15%!約6人に1人が申し込んでいます。安藤忠雄と言うオファーが強いのが大きいのですが、やはりメルマガは強いです。

時代によって、メディアは変わります。昔はTV,ラジオ、チラシ,DM,タウンページ,折り込み広告,フリーペーパー等。今の時代ならTV,各インターネットメディア,ブログ,Facebook,YouTubeやTwitter,Instagram等でしょうか。

しかし、昔よりもメディアが増えましたね。広告代理店の私たちでも把握出来ないほどのメディアが存在します。時代がどれだけ変わっても、私たち経営者の仕事は見込み客に「メッセージ」を伝えること。その為の手法が増えているだけです。数多くのメディアが増えたおかげで、私達には「あれがいい、これがいい」との声が聞こえてきます。それはとても大事な情報源ですが、それに振り回されていては何も残りません。

そんなクライアントは腐る程見てきました。まずは自社のビジネスを安定させるメディアを見つけることをオススメします。確かにメールマガジンはどんどん厳しい環境に向かっています。携帯キャリアメール使っている人なんて減って来ていますしね。

今はLINEやFacebookでメッセージのやり取りをする方が増えています。でも、周囲がメルマガは反応が悪いという声が聞こえても、高い反応を出す人もいます。メルマガをベースに月間数千万円の利益を出している会社もあるぐらいです。

高い結果を出す人はそのメディアに精通して拘っているからかも知れません。自社の商品のメッセージを「見込み客」に届ける為にどのメディアに精通しているかで競合他社との差別化に今、一度ビジネスを考えなおす為に、自社のメッセージを届ける為のメディアを見つめ直しても良いかも知れませんね。私もまだまだ自社を含めたメディアの研究をしたいと思います。

Web集客の基本を覚えて自分で集客する方法
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す