独りごと
公開日:2016.03.01

過ちは好む所にあり

最近、毎日のようにオフィスでも家でも独り言を言い、「あーーー!」と叫び、1日を振り返っては「あれはしないほうが良かったなぁ」「これは◯◯した方が良かったなぁ」「これもしなきゃなぁ」と考えています。個人的には小さい(と思っている)失敗が多い証拠。

逆に大きな失敗での独り言は、かなり危ない状況かも知れません(笑)

失敗が苦手な所で出るなら諦めも付くのですが、得意な分野でした失敗は悔やんでも悔やみきれないことが多いです。出来ると思っていたことが出来なかった、やれたはずなのに失敗したという原因の多くは気の緩みです。そんな気の緩みを表した諺が「過ちは好む所にあり」。

過ちは好む所にありの意味・・・人は苦手なことを行なう時は用心して行なうが、得意なことを行なう時は気が抜けている時が多く油断する。と言う戒めを表した言葉。

個人的には好きなことわざなの1つなのですが、類義語として好く道より破る、河童の川流れ、猿も木から落ちる、医者の不養生、弘法も筆の誤りなどがあることを考えると、古来から人の失敗は気の緩みだと共通するのでしょう。

様々なことわざを考える人?が居たのかどうかは分かりませんが、あらゆる場面で得意なことで失敗した人を表現する必要があったのはこれだけのことわざを見れば理解できます。

得意なことこそ気を引きしめよう!と言う戒め。

猿なら木登り、河童なら泳ぎ、経理なら仕分け業務等、デザイナーならデザイン、プログラマーならプログラミング、話し方講座の先生なら話し方、漫才師なら漫才などでしょうか。得意なことで失敗すれば引きずりますし、その失敗も目立ってしまいます。自分の中でも「まさか!」と言う思いが強いために恥ずかしさと悔しさが出やすいです。

これは自分の得意分野だと認識していることがあるなら、油断しないように今一度気持ちを改めたほうが良いのかも知れませんね。それこそが過ちを避ける一歩です。

「ブログ書くの(書き続けるの)って大変だよなぁ。」と独り言を言いながら書いたブログです。ネタは山ほどあるのですが、書く時間の確保ってかなり難しいと感じる今日この頃。

弘法ではありませんがブログやメルマガなどで情報発信をしている以上は、十分に意識して筆を誤らないように気をつけます。

 

効果実証済みの集客テクニックを公開中!

※購読解除はメルマガ内でいつでも1クリックで解約出来ますのでご安心ください。

LINE@で購読する
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ社)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す