広告
公開日:2017.03.21

広告の基礎を学ぶことがビジネス脳を鍛える

弊社はインターネットの広告代理業が主業務の会社ですが、広告運用を行なっていると先方のビジネスがよく見えてきます。

ビジネスがとても考え込まれているなぁ、ニッチな市場なのに凄いニーズがあるなぁ、フロントエンドからバックエンドへの作り込みが上手いなぁという見習いたいぐらいのクライアントもいますし、

もっとオファーやコピーを考えた方が良いのに、、そこにお金を使うぐらいなら広告予算を取ってテストをした方が良いのに、、コンセプトを考え直した方が良いかも、、、等々、強いアドバイスやコンサルティングが必要なクライアントもいます。

前者はビジネスモデルが作り込まれていたり、資本力があったり、利益率が高かったり、商品力や営業力が高かったりと同業他社と比べて何か抜きん出るものがあるのは事実ですが、後者でもこれらの条件を持っているクライアントもいたりします。

しかし、いくら強みを持っていても、勿体ないなぁ・・・、もっとこうすれば良いかも・・・、僕ならこうするのに・・・などと余計なことを考えてしまうクライアントにはとある共通項がありました。

それは商売脳が強く、マーケティングやビジネス脳が弱いこと。

商売脳とは一般的に、安く仕入れて高く売る。お金の入りは早く、出は遅く。良い商品を作れば売れる。広告にお金を掛けるのは勿体ないから、足で稼ぐ。マーケティングとかインターネットとか抽象的だし横文字が多くて分かりづらい。ホームページを作れば良いんでしょ。などと考える人があげられます。強く言えば苦手分野への思考停止状態です。

もちろんこういった考えで莫大な収益を上げている方もたくさん知っていますし、今でも稼げるとは思います。しかし稼げていない社長にもこういった考えの人が多いのも事実です。

もう少し踏み込むと広告の基礎を知っている人は、ビジネス脳が少なからず鍛えられていると感じます。特にYahoo!やGoogleに代表されるインターネット広告を自ら出稿して運用した経験のある人は「ビジネス脳」そのものが鍛えられていると感じます。

その理由はインターネット広告は「自社のビジネス」「マーケティング」「競合他社の状況分析」「自社の商品の見せ方」などを考えさせられるからです。

アカウント構成・キャンペーン設定・グループ分けを通してロジカルに自社の宣伝を分けて考え、ターゲット設定を元に広告文を考え、クリック率やクリック数で市場のニーズを捉え、入札単価で競合を意識し、HPからの成約率で自社のHPや商品力やコピーを考えさせられるからです。

僕自身も一度倒産した身なので、特に厳しい状態に陥っている経営者が精神論や根性論に走りたい気持ちはよく分かります。しかし結果として倒産させてしまいました。今思うと精神論が悪かったのではなく、ビジネスに対する頭の使い方が間違っていたのだと理解しています。

今も精神論は自分の中に持っていますが、それよりも圧倒的に頭を使っています。僕は「広告」という頭脳労働と感性の必要な仕事をすることにより、ビジネスを一から考え直し、復活をすることが出来たと言っても過言では無いです。

今さら「インターネット広告」の基礎を学ぶって面倒だと思いますか?
そんなことはできるスタッフや業者に任せておいたら良いと思いますか?
「インターネット広告」を学ぶ時間があるぐらいなら営業活動をしますか?

お気持ちは理解できますが、現在ビジネスが厳しい方や、ビジネスをもっと伸ばしたいという方で、インターネット広告がよく分からない、やったことがない、いつかは触ってみたいと思っていた方は今からでも学ぶことに遅いことはありません。

むしろ今だからこそ始めることを強くお勧めします。

学んで欲しいのはインターネット広告そのものではありません。その先にある「運用」という考え方です。

インターネット広告は、Yahoo!、Google、YDN、GDN、Facebook、Instagram、Twitter、インフィード広告、DSP広告など、ユーザーがいる場所や反応する場所がどんどん変わっています。これからもユーザーはあちこちにどんどん分散されていき、一昔前までのYahoo!の検索に広告を出せばアクセスが集まるという時代ではありません。

しかし、インターネット広告の「運用」の考えはユーザーのいる場所が変わっても、広告の種類が変わっても大きな変化は今の所見当たりません。ですので「運用」の考えを抑えて入れば、新しい広告媒体が出ても、ある程度は対応できるのです。広告代理店が様々な業種のクライアントを抱えても対応できたり、ビジネス上の様々なアドバイスを出来るのは「運用」の考えを持っているからなのです。

ビジネス脳を鍛えるには急がば回れです。これからの時代に対応すべく、今のうちにインターネット広告を学びましょう。

 

追伸・・・少しでも学んでみようと思った方は、弊社の才田が先日リリースした【「リスティング広告の基礎知識」を覚えて自分で集客する方法】を見て学んでください。登録はこの記事の下にある青いバナーをクリックすれば手に入れられます。

 

ダイレクトマーケティング専門インターネット広告代理店が発信する「無料メールマガジン」
LINE@で購読する
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す