マインド(考え方)
公開日:2017.08.23

先延ばし・後回しにしてしまう理由

先日、社長より、先延ばしや後回しになっている仕事の原因と向き合う機会をいただきました。結局提出期限を延ばしても、その原因を明確にしなければまた同じことが起こるからということです。まさにその通りで、いざ期限を延ばした原因を考えてみるといろいろなものが見えました。他業務が忙しいからと言ってしまえばそれまでなのですが、よく考えてみるとそれだけではなかったのです。それは、自信のなさやゴールが見えていないなど・・・。それに気づかなければ、先延ばしした予定はさらに先延ばしになる可能性もあるということです。

考えてみるとダイエットをいつになっても「明日から」と先延ばしにしているなんてこともあります。それでは痩せるはずがありませんね。

あなたも仕事、ダイエット、掃除、貯金など先延ばし、後回しにしていることはありませんか?そんな時、一度立ち止まってその原因や自分の心の中と向き合ってみるといいかも知れません。

やりたくてやらなければいけない場合は、きっと動き出していると思うのです。では、先延ばし、後回しにしてしまう原因として考えられるのは・・・

・やりたくないけどやらなければならない
・やりたいけどできない理由がある

のどちらかです。さらに踏み込むと

・失敗する不安や自信のなさから踏み切る勇気が出ないとき
・やらなければならないけど忙しくて時間がないとき
・やった方がいいと理性的に判断しているとき
・気分が乗らなかったりやりたくないから後回しにしているとき

というようなパターンが多いですね。

後回しが癖になっていればビジネスは成功しません。それは、家族との関係、対人関係、健康管理、勉強面、日常生活においても言えることです。家族や友人との約束を後回しにすれば信頼関係は薄くなりますし、勉強を後回しにすれば試験に合格できません。家の掃除や洗濯を後回しにすることでいざ着たいと思った時に服がないなんてことにもなりかねません。ビジネスでは、後回しにすることで、売上が上がらなかったりチャンスを逃すことにもなります。もしかして、目の前の仕事をこなすことで一時的に満足しているだけで大切なことを後回しにしている可能性もあります。そして、後回しにすることで、心理的にも不安や違和感、自信喪失につながります。どんなことも後回しにすることで良いことは何もありませんね。

では、どうしたらいいのでしょうか。

 

1.自分と向き合う

なぜ先延ばしにしているのか、その理由をよく考えてみましょう。まずは、言い訳でも何でも自分の心の中の正直な気持ちと向き合ってみることが大事です。その中に後回しにしている本来の理由があるはずです。それは、時間的な問題なのか精神的な問題なのか意識の問題なのか、いろいろな方向から見る必要があります。その前に、その先延ばしにしている事は本当にやるべきことなのかどうかという根本的なことからも考えてみます。自分がどのようなパターンに当てはまるかを考え、そのネックとなっている問題を克服するために何をするべきかを考えてみましょう。

 

2.ベストな状態を作る

問題の解決方法がすぐに分かれば問題ないのですが、自分一人で考えていてもなかなか抜け出せないものです。(だから先延ばしになっているのでしょう)意外に自分以外の人に相談することで、いい案が浮かんだり、協力者が現れたり、問題解決の糸口が見つかるかもしれません。解決方法が見つかれば、取り掛かるために必要なものを用意しましょう。実際に取り掛かるときは、必要なもの以外は周りに置かない方が良いですね。また、もし先延ばしにすればどうなるのかというリスクを考え、自分自身にそれをすべきだという強い動機付けを持つことで、意識的にもベストな状態を作ることが必要です。

 

3.確実にこなせる計画を立てる

スケジュールとゴール設定をしましょう。最終的なゴールは決まっているかもしれませんが、それをさらに細分化して、1つ1つに期限をつけることで、着実にこなすことができます。いきなり遠く大きい目標を持ってもモチベーションが上がりません。細かい目標を立て、1つずつ達成していく喜びを感じながら最終的な目標達成を目指しましょう。また、コツコツとやっていれば最終的に期限にゴールに到着しますが、締め切りにいきなり慌ててもいきなりゴールにはたどり着けません。もし、慌てて完成させても質が悪くなる可能性があります。達成できないような無理な目標を立てても挫折してしまうので、遠すぎず近すぎない目標を立てましょう。

 

4.とりあえず取り掛かる

忙しい、忙しいと言っていたり、面倒だと思っていたらなかなか時間を確保できません。取り掛かってみれば意外にスムーズに進んだり、思っていたより簡単にできるかもしれません。たとえうまくいかなくても、実際にやり始めることで、空想ではなく実際の課題が見えて次に進めます。掃除しなければ・・・と思いながら掃除をしないでいると、いつまでもほこりが気になり、それが勝手に綺麗になるわけではありません。ほこりは増えるばかりです。それはいつまでもモヤモヤするだけで、実際に掃除をするまで解決しませんよね。実際動き出してみて、もし予定通りに運ばない場合は、すぐに修正案を考え、軌道修正していきましょう。

 

まとめ

先延ばしにすると言っても小さいことから大きいことまで様々あると思いますが、そこにはまず自分の感情というのが関係していると思います。まずは自分の感情と向き合い、先延ばしにしている原因を見極めて、行動できる状態を作り出しましょう。目標を達成した自分を想像したり、美味しいものを食べるなどのご褒美を考えることなど、自分のやる気がアップする状況を作るのも良いですね。

 

ダイレクトマーケティング専門インターネット広告代理店が発信する「無料メールマガジン」
LINE@で購読する
執筆者:才田 真未 (https://woman.xlab-online.com)

前職はウエディングプランナー。現在は、2人の育児をしながらリスティング広告、Facebook広告などのweb広告運用やセミナーを開催。多角的視点から考える広告運用やマーケティング情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す