独りごと
公開日:2017.07.31

同じ事を繰り返しながら、違う結果を求める事を狂気という。

朱に交われば赤くなると言う諺ではないが、人は周囲にいる人に少なからず影響を受ける。だから環境選びや友人選びって凄く重要。

著名なコンサルタント・大前研一さんも人生を変えるには下記の3つしかないと。 

・住む環境を変える
・付き合う人を変える
・時間の使い方を変える

 これは今のあなたの結果は、過去のあなたの環境に大きな影響を受けているから、人生を変えたいならこの3つを変えないとね、という様な意味だ。

僕はこの考えに同意すると同時に、この3つを実践して人生が変わりつつある1人だ。 

住む場所を変えると、今までとは違う価値観の人と出会い、自分の価値基準が変わる。どこに住むのが良い悪いと言う話では無く、場所を変えると新しい場所での視線と発見がある。今までの住環境で中々変わらなかったのなら、住む場所を変えて新しい発見をしようと言うことだ。

付き合う人を変えるのは1番即効性があるかも知れない。ある実験結果で、よく付き合う人5人の平均値が自分の年収だと言うのもあながち間違っていないと思う。だからこそ付き合う人を選ばないといけないし、社会人なら働く環境、所属する環境やコミュニティを考えないといけない。

収入だけの話では無く、生き方の話でもある。楽しそうに生きている人とつまらなさそうに生きてる人は、当たり前だが決して相容れない。似た価値観の者同士で集まりやすいので、自分の理想な環境に合う価値観を自分自身で健全に持つのも重要だ。

時間の使い方に関しては言わずもがな。人間唯一平等に与えられているのは時間のみ。生まれも育ちも環境も家柄も関係は無いから、この時間の使い方であなたの人生は変わる。ずっとトレーニング出来る人は健康的にスタイル良くいられるはずだし、ずっと勉強している人は資格にも合格するはずだし、英語の勉強に時間を費やせる人はペラペラになるはずである。

逆もまた然りで、全く勉強していないのに資格を取れるはずも無く、英語に触れていないのに話せるはずもない。あなたの今の状況は自分に与えられた時間の使い方の結果である。もしくは今の時間の使い方の結果が未来なのだ。

仕事やプロジェクトが上手くいっていないなら、過去とは何かを変えなきゃ好転の余地は無い。意味がある事を継続するのは大事だけど、結果に繋がらないことはやめて新しい考えや方法を取り入れなきゃ変わるわけがない。

言い換えると人生を変える努力をするために今までの何かを捨てて、新しい何かを始めなきゃ人生は変わらない。

決断とは「断つ事を決める」「決めて断つ事」と言う。何かを決めるなら、何かを断たなきゃ始まらない。

僕の育った町は大阪の下町情緒溢れる町。個人的に感じるのは土着民が多く、子供も親と同じ母校。親になってもずっと中高時代の同級生達と遊び、子供同士も繋がり遊んでるそうな。

本人達が幸せそうなら何も言うことは無いけども、話しているとやれ仕事が、やれ会社が、あいつは良いよな、なんて愚痴も多い。

同級生達にアドバイスを求められ答えても、「それは出来ない」「やった事がない」「リスクがある」「お金がない」「人脈がない」と、いわゆるテンプレート的な言い訳が多いのが目に余る。

困ったなぁと思うけども、彼らの取り巻く環境では自己啓発と言う言葉でさえ怪しく感じる様で、自分達の環境を変えるものや変えようとするものは全て心理的抵抗がある様である。

その根源は自分の居心地の良い心理的環境と言われるコンフォートゾーンである。居心地の良いコンフォートゾーンを抜け出して、居心地は悪いが成長し、人生を好転出来る環境に飛び出さなきゃ何も変わらない。それには好転反応と言われる痛みや成長痛が必要だ。

要はレベルが高くて居心地も悪いし、今までとは違う努力も必要だし、リスクも取らないといけない。それには大きくストレスは変わるけども、これこそが成長痛である。

努力する人や結果を出す人にリスペクトの念を抱き、自らもそうありたいと望むけど、実行はしたくない様だ。むしろ実行出来ない理由を仲間達で共有し合い、相互洗脳を行なっている様にさえ見える。

「同じ事を繰り返しながら、違う結果を求める事を狂気という」とは、アインシュタインが言ったとか、言わなかったとか。まぁ誰が言ったかは置いておいても、全くもって言葉通りだと思う。

長々と書いて、結局何を言いたいかと言うと、今と違う結果を求めるなら、今までとは違う考えや行動をしてみようということ。そのためにも環境を変え、付き合う人と時間の使い方を変えてみようと言うこと。

僕自身も良い影響を与えてくれる人や環境を選んで、相互に高め合える環境を作ろうと改めて思う。

ダイレクトマーケティング専門インターネット広告代理店が発信する「無料メールマガジン」
LINE@で購読する
avatar
執筆者:藤 勝行 (http://xlab.co.jp)

4年間経営した会社を倒産後、再度起業したインターネット広告代理店(エックスラボ)を3期目で年商約10億円グループにまで成長させる。集客をしたい中小企業の経営者や大手企業の担当者、同業他社までも参加するセミナーを開催する起業家。広告マン兼マーケッター。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

ソーシャルで記事を共有する

facebookでコメン卜する

記事にコメントを残すコメント数:0

※がついている欄は入力必須です

カテゴリー別で探す お悩みごと別でコンテンツを探す